アメリカ大学スポーツ(部活動)留学

日本の大学で部活(運動部)があるように、アメリカの大学でも部活に参加することが可能です。さらに、アメリカの大学で部活動に参加することには留学生にとって幾つかのメリットがあります。

アメリカ人の友達が出来る!英語上達にもプラス!

留学先でなかなか苦労することがネイティブ(アメリカ人)の友達を作ることです。同じ留学生同士の友達を作ることは難しくはありませんが、アメリカ人の友達を作るというのはなかなか高いハードルです。その点、部活動に所属していると、チームメートはほとんどがアメリカ人ですので、必然的に仲間が増え、更に、スポーツという共通の話題があるため、会話も弾みます!​

アメリカは文武両道。学業の面でも良い刺激になる!

大学で部活動をする学生の事をアメリカではStudent Athleteと呼びます。部活動をする選手である前に、学生としての行いが求められます。その為、部活をするためには規定のクラス数を履修、また、GPA(評定平均値)の基準もあるため、学生は部活だけではなく、学業の面でも一生懸命取り組む必要があります。こうした文武両道の取り組みは、留学生活を終えた後の人生でとても約に立つ経験となるはずです。

遠征で様々が学校(場所)に行くことができる!

アメリカの部活動の試合は、基本的に、各大学で行われます。ホームの試合もあれば、アウェイで相手の学校に行くこともあります。普通に留学しているとなかなか他校に行くという経験は出来ませんが、部活を通して、他校に行くことができるという経験はかなり貴重なのではないでしょうか。また、アメリカの部活動では、遠征の際に、遠征費が支給されるため、宿泊費や、遠征中の食費を選手が払う必要がありません。日本の大学の部活よりは費用がかからない傾向にあります。

留学生がアメリカの大学の部活動に入るためにはいくつの条件があります。

まず、4年制大学の大きな体育協会、NCAAやNAIAに所属する大学の運動部に入るためには、一定の学力がなければなりません。高校時代の成績に加え、SATなどの試験を受け、基準に達した選手がプレーすることが可能です。これは留学生だけではなく、アメリカ人も同じ基準であるため、留学生にはとても高いハードルです。

また、誰でも部活に入れるわけではなく、事前にコーチなどにコンタクトをとっていたりリクルートされていないと部活に入れないというケースも少なくありません。

それに比べ、コミュニティカレッジの体育協会、NJACCやCCCAA、NWACなどは学業(高校時代の成績)の面ではNCAAなどに比べ厳しい基準がなく、またSATなどの試験も受けずにプレー出来る為、留学生のファーストステップとしてはオススメです。2年制大学だからといって競争力がないわけではなく、アメリカでは、2年制大学から4年制大学へ行くことが一般的であるため、競技によってはかなり競争力があり、2年制大学からプロに行くような競技もあります。

TEAM Sugiでは、弊社提携校へのスポーツ留学をサポートしております。ただし、初年度からプレーする為に交渉するためには幾つかの条件がございます。

条件:

  • 大学クラスを授業を取る事ができる英語力(TOEFLの点数など)があること(各校に基準による)

  • プレービデオなどを送って頂き、TEAM Sugiがアメリカの大学でもプレーできると判断した場合。

以上の条件をクリアできる場合のみ、弊社提携校の各コーチに入部交渉をする事が可能です。

​*英語力が足りない場合などは、英語クラスを取ったりすることで部活を出来る可能性もありますが、100%入部は保証できません。

大学スポーツ(部活動)留学に関するお問い合わせは以下のお問い合わせフォームよりお願いします。

 

TEAM Sugiではスポーツ留学に老舗アスリートブランドとの協力で、英語力不要でもアメリカの大学に留学することが出来るプログラムをご紹介しております。詳しくはアスリートブランドホームページをご覧の上、必ず「TEAM Sugiを見て連絡した旨をお伝えし、ご連絡ください。

アスリートブランドホームページ

 

投稿日:2017年3月1日 更新日:

Copyright© TEAM Sugi , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.